足指をしばるだけでくびれが作れる夢のようなダイエット方法

女性の方なら誰でも持っているものでくびれが簡単に作れます。

それは「ヘアゴム」です。

あなたはえ!?と思ったんじゃないでしょうか。

なんとヘアゴム1つで簡単にくびれが作れます。

ヘアゴムと5分だけあればできますので物は試しで一回やってみると面白いですよ。

まずは足をぴったりくっつけて横になりましょう。

①両足の親指をヘアゴムでしばる

ヘアゴムできつくしばってしまってはダメです。

ゴムは足指を動かないように固定するのが目的です。

なのでヘアゴムで無くても固定できるものであればなんでもいいですよ。

血が止まってしまうほどきつくしばってはいけません笑

次にかかとはしっかりとくっつけてください。

両足のかかとをくっつけることがポイントです。時間がたってくると足が開いてきますので意識して閉じるようにしてください。

②腰の下にクッションを置きます。

腰が沈まないように気をつけてください。座布団などを折って使っても大丈夫です。
腰が沈まないものであれば大丈夫なのでそのようなものを選んで、おへそが高くなるように腰の下においてください。

③あおむけになって両手をあげてください。

全身を伸ばすイメージで両手をあげて全身を伸ばしてください。
時間がたってくるとかかとが浮いてきたり開いてきますのでそこは我慢して開かないようにしてください。

なぜヘアゴムだけでくびれが出来るのか?

ヘアゴムを使って親指を固定することで開いてしまった骨盤を元の位置に戻すことが目的です。
強制的に固定することでウエストを引きしめてくびれができます。筋肉の働きが戻るからなんですね。
骨盤は体にある臓器を正しい位置に保っています。悪い姿勢が続いてしまうと骨盤が正しい位置よりも外側に開きます。
骨盤がゆがんでしまうと体の重心が外側にかかるので小指など足の外側の部分で体を支えようと自然に働きます。
当然臓器の重みを支えますので腹筋に力が入らなくなり、腹筋が弱まってぽっこりお腹になります。
なので開いてしまった骨盤を戻すためにヘアゴムで強制的に固定します。
5分ほど寝ていると両足の内側に負荷がかかってきつくなってきます。
外側にかかっていた体の負担を、内側にかけることによって外側と内側でバランスが分散されます。
結果、開いてしまった骨盤が正しい位置に戻るので腹筋が再度働いてウエストが引き締まってきます。
効果がすぐにあらわれて面白いのであなたも是非今やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA