歩き方を改善してくびれを手に入れる方法

TGCを歩くモデルさんなどは、腰回りがきゅっとしていてきれいなくびれが出来ていますよね。

水着でも洋服でもなんでも着こなしているのでとても美しくみえます。

「歩く」ことというのはただ歩いているだけならずダイエットにも様々な効果をもたらしています。

くびれは、肋骨と骨盤の間の骨のない空間にできることはもうご存知ですね?

でもまちなかを歩く人を見てみると高いヒールを履いたり、スマホを触りながらいわゆる猫背になって歩く人が多いように思えます。

歩く姿勢が知らぬ間に悪くなってお腹周りの筋肉がゆるくなりがちです。

歩っこりお腹になるということは肋骨が下がることですのでくびれができるところが脂肪で埋まってしまいぱっとみると凹凸の無

い体型になってしまいます。

筋トレもそうですが、日頃の歩き方1つとってもくびれと大きく関係していますので意識する必要があります。

歩き方のポイント①

外を歩く時や仕事中など歩くときにはどうしても猫背になって歩きやすいです。

猫背だなと思ったら胸を張って歩くようにこころがけましょう。

くびれが出来やすい状態になっていきます、

これは簡単ですよね。今日から意識してみてください。

歩き方のポイント②

目線はどこにあるでしょうか?つま先の少し先の方を見ていませんか?

目線が下にあると歩幅が小さくなります。歩幅が小さいと猫背になりやすいので注意してください。

視線を上げて歩幅を広げて歩くようにすると、ボディラインがきれいになります。

歩き方のポイント③

歩くときに腰で歩くようにしてみてください。

特にモデルさんがランウェイを歩くようなイメージです。

ですが、まちなかや仕事中はさすがに変な人と思われるかもしれないので軽い感じでやってみてくださいね。

腰で歩くとひねりがはいりますのでくびれ効果が高まります。

腰を先に出すと足が勝手に前に出ますので歩幅も広げて歩くようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA