ダンベルを使ってくびれを作る方法

脇腹の余分なぜい肉って落ちないですよね。

本当にこの脂肪だけはどうにかしたい人は多いんじゃないでしょうか。

このわき腹についた脂肪は付いた人にしか分からないしつこさもありますよね。

例えば、服を着た時になにかひっかかるというか邪魔な感じがしたりします。

でも、絶対に落ちない脂肪なんてものはありませんのでトレーニング次第で落とすことが出来ます。

ダンベルを使ったトレーニングで脇腹の脂肪を無くす方法を紹介します。

ダンベルを使った脇腹の筋トレ

当然、ダンベルを使うので筋トレになります。

・サイドベント

・ダンベルツイスト

この2つを行うことで脇腹の脂肪を取り除くことが出来ます。

まずはサイドベントです。動画をご覧になってください。

非常に分かりやすい動画でしたね。

初心者の方でもできるように丁寧に解説されています。

サイドベントは、体の重心をダンベルを持っている側に寄せるので

ダンベル側の足で片足立ちになる感じになればOKです。

反対に倒しきったときに一旦止めて脇腹をしぼる感じで行っていくといいですね。

ダンベルツイストは、ゆっくりやることが大事です。

ダンベルの反動でぶらんぶらんするのではなくて、

1回1回脇腹に効かせる意識でやると効果的です。

ひねりを加えると脇腹の脂肪を絞りだせます。

筋トレの効果を最大限にアップさせる食事

ダンベルまで使ってくびれを作るということは相当本気な人がやることです。

やるからには最大限の効果を感じて頂きたいので食事内容についても少し触れますね。

やはり食事は高カロリー、高脂肪のものはなるべく控えましょう。

俗に言うジャンクフードのようなものです。

でもたまには食べたいと思うのでたまにであれば大丈夫だと思います。

そうしないとストレスがたまってしまってモチベがさがります。

食事は低脂肪・低炭水化物・高タンパクの食事にすると筋トレの効果を高めてくれます。

肉も豚肉ではなく鶏肉のささみや胸肉などに変えるといいですね。

このような食事を続けていると自然と脇腹の脂肪も落ちていきます。

あとはプロテインも併せて飲むといいですね。

プロテインはビタミンなどが豊富に含まれていますので、

体を崩すことがないですし、筋トレ後に飲むことで栄養を素早く筋肉に届け、

筋トレで傷んだ筋肉を素早く修復してくれます。

この筋トレと食事に気をつければ間違いなくしつこい脇腹の脂肪も撃退できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA