くびれを改善するための日々の歩き方術

くびれを改善するために日々の歩き方を意識して歩いている人ってなかなかいないように思えます。

モデルさんのようにきゅっとくびれてしなやかな体型になりたいのは誰もがあこがれることですよね。

歩き方1つみてもくびれを改善するためにはものすごく重要なんです。

ランウェイを歩くモデルさんのような体型にするにはまずは歩き方をどうすればよいかみていきましょう。

 

歩く時のポイント

1.猫背になっている

最近ではスマホが普及して歩きながらスマホをいじる人が増えたことで

歩き方も必然的に前のめりになって猫背になっている人が多いように思えます。

猫背になってしまうと、くびれができる空間が狭まります。

 

このサイトでも書いたように、くびれは肋骨と骨盤の間にできます。

この空間が狭まるとくびれが出来にくくなり寸胴体型になります。

歩くときは猫背にならずに胸を張るような姿勢で歩くとくびれが出来やすくなります。

 

2.歩幅が短くなっている

1の猫背にも言えることですが、目線が下にいくとどうしても歩く幅が短くなります。

歩幅が短いと猫背になりやすいです。

大股で歩けとは言わないですが、歩幅が長くなるように目線をあげて歩くようにすることがポイントです。

 

3.モデルさんの真似をして腰で歩くようにしてみる

極端な歩き方は不自然というかおかしくみえるので、

さりげなく腰を使って歩くようにしてみましょう。

腰を使って歩いてみるとわかりますが、腰を先に出すと足が勝手についてきます。

難しいなと思う人はモデルさんの歩き方を真似してやってみるとうまくいくと思います。

 

正しい歩き方のポイントを紹介している動画があったので参考にしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA