くびれを作れるコルセットの正しい使い方

女性の方なら誰もが知っているコルセット。くびれを強制的に作ってしまうことはなんとなく知っている方も

いると思います。

くびれを作るには運動や筋トレが大事だというのはこのサイトでも嫌というほど書きましたが、

運動や筋トレ以外でもくびれは作ることができます。

先日書いたこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

くびれを作るウエストニッパーの選び方

記事を読んでもらうと分かりますが、ウエストニッパーのような半ば強引に体を矯正してくびれを作る方法があります。

ウエストニッパーだけでなくコルセットでもくびれを作ることはできます。

ウエストニッパーに比べてコルセットは腰回りのホールド力が強いので腰痛やヘルニアといった腰の病気にも

使われています。

ではくびれを作るコルセットはどういったものか見ていきます。

一時期流行ったコルセットダイエット

コルセットは服の下に下着のようにしてつけるんですが、日中活動しているときはもちろんのこと、

寝ている時もずっとつけっぱなしにすることで体が常にくびれている状況を作り出すことで

くびれを作るコルセットダイエットが昔流行りましたね。

コルセットをつけたときの効果は?

ただ体に無理やり力を加えてくびれを作っているのではなく、しっかりとした意味があります。

まずは、

①着用しただけでくびれが見えるということ。

これは上で書いたことなんですが、ウエストニッパーに比べてコルセットのほうがより固く腰回りを

ホールドします。それによってくびれが自然とでるのではたから見ればあの人はきれいなくびれだなぁ・・・

という感じに見られます。

 

②姿勢が改善し痩せやすくなる。

コルセットはガチガチに体を固めるので嫌でも姿勢が良くなります。

普段姿勢が悪い人は体のどこかでそれを必ず補っていますので例えば、腰で姿勢を支えているのであれば、

腰が悪くなります。このように人間の体は悪い部分があれば必ずそれを補うように働きます。

姿勢が良くなることで普段使っていない筋肉が鍛えられます。

特に、インナーマッスルなどの体の深部にある筋肉です。筋肉が自然と使われれば基礎代謝量が増えるので

体が燃えやすくなって痩せやすくなります。

一見すると無関係に思える姿勢も脂肪燃焼に関係しています。

③締め付け効果で食欲ダウンして暴飲暴食を防げる

コルセットをつけたことがある人なら分かるかと思いますが、コルセットはガチガチに締め付けるので

体をいい意味で締め付けます。締め付けられれば苦しくなるのでご飯を食べる量も必然的に減ります。

ベルトがきついズボンをはいて焼き肉食べ放題に行くと苦しくて途中でベルトを緩めるのと一緒の原理です。

ただしやりすぎると締め付け効果で逆に食べた物を戻してしまう恐れもあるのでほどほどにやるのが

一番効果的です。

コルセット+下着をつけましょう

コルセットの下にはキャミソールなどの下着を着るとよいです。

コルセットだけでは、きつく縛ったひもで血管を締め付けてしまい、

血流を阻害するからです。血流が悪くなると血色が悪くなって全身を

効率よく血液が循環しなくなります。

また、ブラの着用も血管のそばを流れているリンパの流れを悪くするので

やめましょう。

コルセットを着けたら軽い運動をしましょう

コルセットを着けたらじっとしているのではなく、外を少し歩いたりして、

運動を行うとコルセットにかかっているひものきつさが均等になるので

バランスがよくなります。緩んできたらまた再度しめなおすようにして繰り返し

行います。

寝る時もコルセットを使いたい場合

寝る時もコルセットを使うことはできますが、昼間と同じひものきつさだと

苦しすぎて寝られないかと思います。

なので、夜寝る時も使う場合は、ひものきつさを昼間の半分程にして

寝るようにすれば、体型の維持効果もあり効果的です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA