くびれを作る上でやってはいけないこと

くびれを作るために、骨盤ダイエットやエクササイズをしている方は

それが、逆効果になっていて、ダイエットの効果を得られていないのでは

全く意味がないですよね。

ダイエットをしているのに、逆に足を太くしていることがあるので

注意するべきポイントを紹介していきます。

 

エクササイズで足を意識的に使っている。

例えば、くびれを作るためにわき腹を鍛えるエクササイズがあります。

その際に、わき腹よりも踏ん張る足のほうに力が入りすぎていると、

足の太ももが鍛えられてしまい、足が太くなります。

 

こうなってはせっかくくびれを作りたいのに、足が太くなるので見た目が悪くなってしまいます。

体重だけが減ったからといって見た目がよくなるということはありませんよね?

筋肉量も体が美しく見える重要なポイントです。

 

ボディビルダーのように脂肪がほとんどない人

ボディビルダーの人と体重は同じだけど脂肪が多い人

 

では外見が全く違うように見えるのと一緒です。

では通常のダイエットに加えて大事なこととして、

体のバランスや運動の仕方を考えながらエクササイズするということです。

骨盤矯正もそのうちの1つに入ります。

 

足のライン作りと膝の位置について

例えば、膝をまげてトレーニングをする場合、

体幹が前かがみになってしまうと、膝が内側に入りますよね?

このような場合、体が前かがみになることで、太ももの外側に力が加わるので、

ふくらはぎにも力が分散します。

 

体勢が悪くなってしまうと、足が大きくなって筋肉質になったり、O脚になったりします。

一度癖がついてしまうと、なかなか直りにくいので、エクササイズをする場合は、

一度自分のフォームを意識してやってみるといいかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA