くびれを作るためにぽっこり出てしまった下腹をエクササイズで解消する方法

やっかいな皮下脂肪を落とす方法

太もも、お腹、お尻など下半身に皮下脂肪が一旦つくとなかなか落ちません。

有酸素運動の前に下腹をマッサージしたり、体を大きくひねる動きを加えて刺激を与えましょう!

脂肪燃焼の効果がアップします。

 

下腹の脂肪燃焼に効果的なダイエット

 

①コーヒーに含まれる成分が脂肪代謝を促進

血管を広げる効果があるのはすでにご存知ですね。

 

②スロージョギングの効果はウォーキングの約1.6倍

マッサージ、エクササイズ、有酸素運動、コーヒーダイエットなど。

単体でやるよりも組み合わせた方が脂肪燃焼効果も高まるのでオススメです。

 

③下腹セルライトマッサージ

①お肉を握って、離して下腹全体を押す  (約1分)

お肉を握っては離すを繰り返して下腹全体をまんべんなく押す

足を軽く開いて立ち、親指とそのほかの4本指で下腹のお肉を握る

 

②下腹を上から下へさする  (約1分)

腰に手をあてて外側から中央のそけい部へとさする。

両手のひらをヘソの横に当て、そけい部に向かって下腹を上から下にさする。

 

③下腹のお肉をもみほぐす  (約1分)

タオルを絞るように手を交互に動かし、下腹全体をもみほぐす。

下腹を親指とそのほかの4本の指で大きくつかむ。

 

④下腹全体を下から上へ持ち上げるように叩く (約1分)

手のひらの中央を軽く凹ませ左右交互に動かしながら下腹全体を叩く。

 

お腹周りの脂肪を取る1週間エクササイズ

① うつ伏せから腕立てで体を上げ、すぐ右足を床から離し右膝を胸前に引寄せる。

寄せた足を伸ばして元の位置に戻し、うつ伏せに戻す。
(※上半身から起きたり、お尻が上がらないように注意)

 

②反対の足も同様に行う。

 

③寝たまま両腕を上に伸ばす。

 

④手足を伸ばしたままマットの上を右へと一回転がり、再びうつ伏せになる。
※繰り返し

 

簡単!呼吸で下腹の引き締めを実感

①姿勢を正して立ち、親指と人差し指で「逆三角形」をつくりおへその辺りに添える。

 

②息を吸い込んでから一旦止めて、下腹に力を入れながらひっこめていく。

へその下のお肉が背中に付くんじゃないかという心持ちで行う。

 

③限界までお腹をひっこめたら6秒キープする。

 

④手でお腹を圧迫してゆっくりと息を吐く。
この時、下腹を出さずおへその上のお腹もひっこめていくようにして息を吐くと効果的です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA