くびれのある人・ない人の違いとは?

E3839AE382BFE383B3E382B3E3818AE885B9

くびれのある人・ない人の違いとは?

くびれがある人を見るととても魅力的に見えます。かといってくびれがない人が魅力的ではないというわけではありません。

くびれがある美人な方は男性からも女性からもとても美しく見えるものです。

私もくびれがそんなにはっきりとあるわけではありませんが、無いよりはあった方が女として魅力的に見えるかなぁと思う日々です。継続的に運動や筋トレを続けて行かないといけませんね。

ではくびれがある人たちは筋トレやダイエットといった何か特別なトレーニングをしているのか気になるところです。

実際にくびれがある友達に聞いてみたんですが、「特に何もしていない」という返事が帰ってきました。肥満体型でくびれのくの字もない人が聞くとイラッとするかも知れませんが本当に何もしていないみたいです。

ではどのようにくびれを作ったかというと、自分で運動をしたり筋トレをして作ったわけではなく、生まれた時から特に何もせずそのまま生きてきたみたいです。

調べてみたら、遺伝的に「肋骨と骨盤との距離が広い」とくびれが出来やすくなるとのことでした。いわゆる胴長体型の人のことですね。胴長体型だとくびれが出来やすくなるのは何となく想像つきますね。

遺伝で生まれつき胴長じゃない人は肋骨と骨盤の距離が短いのでくびれが見られないというか出来にくいということが分かりました。

でも生まれつきだからとか遺伝で胴長じゃないからという理由にしてあきらめてはダメですよ。

 

遺伝的に胴長じゃない人がくびれを作るには?

遺伝的に肋骨と骨盤との距離が短い胴が短い人でもそれだけで一生くびれができないかというとそうではないです。なのでここは安心しても大丈夫です。

でもいくつか注意がいるので気にして欲しいんですが、普段の日常生活で、だらけた姿勢を取っていたりすると”ずん胴体型”になってしまいます。

ずん胴体型になってしまうとお腹周りの筋肉を使わなくても楽な姿勢を取ることが出来るので、必然的にぽっこりお腹になりやすくなってくびれが消えていきます。

これは肋骨と骨盤が本来あるべき位置より近くなっているので余計に胴が短くなってくびれが出来にくくなっているためです。

気をつけましょう。

履くだけで骨盤矯正が出来てぽっこりお腹を解消する方法!

運動苦手な人でも履くだけでくびれができる補正インナーを見つけました。履くだけなのでいきなり運動を始めなくてもいいし、最初から挫折せず楽な気持ちで始められるのでくびれを作るにはやりやすいです。

こういった履くだけでくびれができるものは履いた感じが強力できついイメージがありますが、全然キツくないのが特徴です。

普通のインナーを履く感覚で履けるので買って損をしたということもないと思います。簡単に楽に履けるのに強力シェイプ効果がしっかりとあるので一見すると矛盾しているようですが、骨盤が正しい位置に固定されて骨盤矯正効果が期待できるのが特徴です。

必然的にぽっこりお腹も解消できるので一石二鳥ですね。

骨盤ガードル ビューティーシルエット

ずん胴体型を解消するには?

ずん胴体型になったらまずは肋骨と骨盤の距離が短くなっているので、本来あるべき位置に戻してあげることを第一選択とします。

本来の位置に戻ればずん胴体型が解消されるのでくびれも出来やすくなります。では具体的にどうするかというとお腹まわりの筋肉を鍛えてあげる事から始めます。

そのために肋骨と骨盤の位置を引き離す「こわばり筋エクササイズ」を行います。

横腹に意識を向けたエクササイズなので鍛えることができればこの距離が長くなっていきます。

習慣的にトレーニングしていくことで効果的にずん胴体型を改善してくびれが出来てきます。

YouTubeですが、わかりやすいトレーニング方法なので試してみてください。


ずん胴体型を解消するやり方①

・右足は膝を曲げ、床につきます。
・左足はまっすぐ伸ばした状態にします。
・右手を床につけ、左手を頭の上に伸ばします。
・お腹に力を入れ、肋骨と骨盤を引き離すような感じで意識して伸ばしていきます。
・この状態をキープした状態から、お腹に力を入れたまま、前側の肋骨と骨盤を引き離すような感じで伸ばしていきます。

これを1セットとして左側も同じように行います。結構きついですが初めは1セットだけでもいいので習慣がつくまで毎日やることを目標にしてやっていきましょう。

 

ずん胴体型を解消するやり方②

・ゴムボール又はバスタオルを丸めます
・ゴムボール(バスタオル)を右側のくびれの位置に置き、右足を少し曲げます。
・左足はまっすぐ伸ばした状態にします。
・左手は床に置いて、右手は頭の後ろに添えます。
・左腕の力を出来るだけ使わないようにして、右肘と左膝を近づけていきます。
・横腹が痛くなる感じであればOKです。

これを1セットにして反対側も同じように行います。こちらは少し分かりにくいかも知れませんが、分からなければ①だけでも大丈夫です。

2016.10.05 更新


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA