くびれとアンダーバストの関係について

「アンダーバスト」の画像検索結果

くびれとアンダーバストの関係ってどのようなものがあるのか具体的にみていきます。

アンダーバストの大小でくびれができやすかったり、できにくかったりします。

アンダーバストが大きい人の特徴

普通体型なのに、アンダーバストが大きい人がいます。

・肉付きが良いタイプ
・骨格がしっかりしているタイプ

この二つに分けられます。あなたはどちらでしょうか?

アンダーバストが大きい原因

こちらは大きく分けて3つあります。

・肋骨が広がっている。
・背中にぜい肉がついている。
・からだがむくんでいる。

肋骨は胸の部分にある骨です。これはみなさん知ってますね。肺や心臓を守る役割があります。

肋骨は自分で思っている以上に動いているんです。

肋骨が開くとアンダーバストが太くなることにつながります。

なぜつながるのかというと、肋骨はゆっくりとした力には耐えられません。

悪い姿勢でいたりしていませんか?家でずっとごろごろしていませんか?

このような力には肋骨は耐えられないのでだんだんと長い時間をかけて開いていきます。

そうするとくびれができなくなってきます。

もちろん強い力を加えると折れてしまいます。歯の矯正と一緒ですね。

銀色の矯正器具で長い時間をかけて固定することで歯並びが整ってきます。肋骨も一緒です。

こうなった場合は、ウエストを細くするエクササイズなどで矯正していきましょう。

そのためにはウエストニッパー(コルセット)などを使うことで、矯正できます。

ウエストニッパーでバストアップする理由

ウエストのラインを細く整えるのがウエストニッパーです。

どうしてウエストニッパーでバストアップにつながるのかと疑問に思った方もいると思います。

ウエストが細くなっただけではバストアップしないじゃん!と思うかもしれませんが、

実は非常に重要な役割があります。

ウエストニッパーを着用した場合だとウエストがきゅっと細くなります。

それだけでは体から脂肪がなくなったわけではありません。

補正下着の役割を利用して無駄な脂肪を動かして細く見せています。

ウエストニッパーで細くなった部分の脂肪は胸の方向へ移動するので

胸の脂肪=バストとして利用することができます。

胸もノーブラでいるとお肉が流れてしまってお腹やワキの肉になってしまいます。

お腹周りについてしまった脂肪を胸の脂肪として利用するんです。
履くだけでくびれができる骨盤ガードル ビューティーシルエット

ウエストニッパーの選び方

ウエストニッパーは身に付けるだけでウエストが細くなるだけではありません。

バストアップまでできることは上で書きました。

ではウエストニッパーはどのように選べばいいのでしょうか?

慌てて購入して失敗する前に、選び方のポイントを知っておきましょう!

ウエストニッパーの選び方 詳細編

ウエストニッパーといっても様々な種類があります。

ウエスト部分をカバーするものから、胸のサイド部分までをカバーする商品もあります。

リフトアップニッパーというものはご存知でしょうか?

ウエストをシェイプする効果が高いのですが、

谷間がほしい!
バストをボリュームアップさせたい!

という人ならば後者のタイプを購入するといいでしょう。

夜寝る時に着けられるナイトアップニッパーというものもありますよ。

夜もしっかり補正したい方はこちらの購入も考えてみてはいかがでしょうか。

ウエストニッパーを複数買う時に元々持っていたものと違うタイプの物を買ってしまう人がいますが、

できるだけ同じタイプのもので統一した方が効果的です。

ウエストニッパーを同じタイプで統一した方が早い段階で効果を実感できることが多いです。

購入したものが自分に合わなかったという場合は別のものを購入する必要がありますが、

特に問題がないなら次々に買い換えることは控えましょう。

2015.09.20 更新


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA