ダイエットを頑張ってもくびれが出来ない人の原因

くびれを作りたくて頑張ってダイエットをしても全然くびれができない・・・

そう悩んでいる方も少なくはないと思います。

ダイエットをして体をひきしめてもくびれがくっきりと出来てこれば苦労はないのですが、

くびれができないのには原因があります。

①腹筋ばかりしていませんか?

筋トレも併用してダイエットをしている方はかなり本気な方だとは思いますが、あなたは筋トレで腹筋もしていますか?

確かに女性の方であればすこし腹筋があったほうが美しく魅力的な女性に見えます。

ですが、くびれまで作ってくっきりとしたウエストラインを作るのであれば、普通の腹筋だけではくびれはできません。

腹筋ってイメージするとわかりますが、体を起こしたり下げたりしているだけなのでお腹の正面の筋肉しか鍛えていませんよね?

当然くびれを作るにはひねりが加わらないとダメなので腹筋だけでは当然くびれが出来ません。

くびれを作る筋肉とは?

大切なのは腹筋で鍛えることが出来る体の正面の筋肉ではなく、肋骨の下からわき腹あたりにある腹斜筋という筋肉です。

普段ここの筋肉を鍛えている人はアスリートぐらいです。

特にボクシングをやっているスポーツ選手でしょうか。

亀田3兄弟も当然やっていると思います。

腹斜筋を鍛えていくとまず肋骨まわりの脂肪が減ってきます。

そうすると肋骨がうっすらと見えるようになってきますのでウエストサイズがあまり変化しなくても、自然とくびれがあるように見えてきます。

②体幹が鍛えられていないので弱い。

体幹っていわゆるインナーマッスルのことです。

よく聞きますよね?

筋トレを普段やっている人ならすぐわかると思いますが、腹筋などでは表面の筋肉を鍛えているのでインナーマッスルは鍛えていません。

ちなみにインナーマッスルといいますが、このような名前の筋肉はありませんよ!笑

体の奥の方にある筋肉と思ってください。

体幹が鍛えられていないと体には臓器がありますのでこれらが重力に従って下がります。

そうすると凹凸のないというか、平坦なボディラインになります。

具体的なアスリートをイメージするとわかると思います。

サッカーのクリスティアーノ・ロナウドや日本人で言えばテニスの錦織くんなんかは体幹がすごいですよね。

きれいなボディラインに仕上がっています。

テレビで見ていても美しいなと思いませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA