売れてる人気のおすすめくびれグッズランキング

第1位 骨盤ガードル ビューティーシルエット

注文多数で爆発的人気中の骨盤ガードルです。人気の理由は何と言っても履くだけという

簡単で楽なところです。運動でくびれを作ろうとするとサイトの記事でも紹介していますが、

腹斜筋という筋肉を鍛えなければなかなかできません。

それに運動や筋トレだと1日やっただけではそもそもできるわけもありませんし、最低でも3か月ほどは

みっちり筋トレをやる必要があります。

その一方でこの骨盤ガードルは私も試しましたが、きつい感じもありませんし1日履いていても全然

苦になりませんでした。結構この手の商品はガッチガチに腰回りから足を締め付けて無理やりくびれを

作るようなイメージがありますが、買ってみたら全然そんなことはありませんでした。

なぜきつくないかというと、独自に開発したサポートベルトが組み込まれていて、

骨盤ベルトとガードルが一体化した骨盤ガードルになっています。

なので、ほどよいといいますか、気持ちいいぐらいの履きごこちでした。

 

第2位 Vアップシェイパー

芸能人のヒロミさん監修で1年以上もかけて開発されたクビレ商品です。

上記の骨盤ガードルと同様に履くだけでしっかりとくびれができて、腹筋も鍛えることができるところです。

履いただけでくびれができるというと魔法の商品?インチキ商品?かと思いますが、

実はそうではありません。履いた時にキュッと締め付けられる感じがあるんですが、

その時におなか周りの筋肉を嫌でも使うような仕組みになっています。

自然とおなか周りに力が入るのでつけてるだけで自然とくびれができやすくなる筋肉を

鍛えているということになります。

上記の骨盤ガードルと違うところは履いた時にキュッと締め付ける感じがあるところです。

ゆったりと履く感じが嫌いな方は上記の骨盤ガードルよりこちらがオススメです。

 

第3位 クビレディ

言わずと知れたクビレディです。少しブームは去ったように思えますが、まだまだ人気の商品です。

定期的に新商品も出ているのでくびれが作りたい人でなくてもお部屋のインテリアとしても

十分機能してくれる商品です。クビレディを知らない人でもわかる簡単な説明をします。

クビレディはイスのような形をしていて主に骨盤矯正の役割があります。

座っただけで骨盤が締め付けられるような感じがあるので私も2、3日に一回座るんですが、

結構ヤミツキになる締め付け具合です。

もちろんこのクビレディに座っただけではくびれはできないし、痩せることもできません。

ちょっとした体操が必要になってきます。

といっても1日たったの3分やるだけです。チョー簡単ですよね。

専用のDVDも付いてくるので困ることはないし、初心者の方やリズム感がない人でも満足してやれる

仕様になっています。

[フリー画像素材] 人物, 女性, アジア女性, 水着, 後ろ姿, 人と風景, 海, 人と水, 海水浴, 夏 ID:201408122300

みなさんメリハリがあるボディが欲しいですよね?
もちろん欲しいと思います。
メリハリのあるボディってどんなのでしょうか?
整った大きさのバストに、きゅっとしまっていてくびれがあるウエスト。
ハリと弾力のあるヒップ、すらりとしたきれいな脚。
こんなところでしょうか?私には無理とあきらめていませんか?
男性目線に限らず女性からもそうですが、まず人間を見るときに目がいきやすい場所は上半身ではないですか?
顔を見てからその下を見る方が多いと思います。
大幅にバストアップをさせようとするのは難しいかもしれませんが、くびれをつくることはそんなに難しくはないです。
ウエストを引き締めるのは簡単にできますので是非実践してください。
まずはメリハリのあるボディとして、ウエストがきゅっと締まってくびれができているボディを目指します。

くびれが無くなる体の原因

老化や運動不足、姿勢が悪い事でお腹周りの筋肉が次第に衰えてきます。
腹筋と言われる腹直筋、サイドの内外腹斜筋、その内部の腹横筋
そしてさらに内臓の内部の大腰筋です。
これらが衰えると、それぞれの筋肉の組み合わせの形がくずれてくびれがなくなります。
これらの筋肉が衰えると骨盤が後ろに傾むきます。
骨盤が後ろに傾いてしまうと内臓が下に下がります。
そうすると当然ポッコリお腹になります。
横にも脂肪が押し出されるのでくびれが無くなってしまいます。

ダイエットでくびれはできるのか?

ダイエットをしているかたは特に注意してほしいんですが、間食は絶対にやめましょう。
食べるのはご飯の時間にしておやつなどは極力食べないようにするのがダイエットのコツです。
そうすることで体のリズムを正確にしてあげることができます。
特にホルモンバランスが整いますのできれいに痩せることができてきます。
間食はメタボへの近道になるので避けたいところです。
食べすぎたなと思った時は、自分で調整をいれてプチ断食をするといいですよ。
私もダイエットをして-13kg痩せましたが飲み会などで食べ過ぎた時は次の日の朝食を抜いたり、
夕飯を抜いたりして調整してました。
本来のダイエットの意味からすると朝食を抜くことはあまりよろしいことではありません。
仕事の効率もさがるので。
どうしてもというときはカロリーが少なくて消化がよく食物繊維の良いものがおすすめです。
結局痩せはしたがくびれはあまりできませんでした。
ダイエットでは体を小さくすることはできますが、上記のひねりを加えた運動をダイエットと併用することでくびれができるように思います。